指伝話は当初、満員電車の中で声を出さずに電話をしたくて開発したものでした。それがたまたま喉頭癌で声を失った方に使っていただいたことをきっかけに、いまでは、失語症、構音障害、ALS、パーキンソン病の方など、さまざまな方に使っていただくようになりました。その一方で、ミュージシャン、ビジネスマン、学校や言語教室など、多様なシーンで使われています。
「指伝話は誰を対象にしていますか?」「何ができますか?」と聞かれることがあります。そんな時はいつも「使い方はあなた次第です!」と答えます。使い方を私たちが決めつけてはいけない と考えています。指伝話は生きていく上での基本であるコミュニケーションのアプリです。コミュニケーションはすべての方に関わることであり、その方法はさまざまです。
だからこそ、誰もが自分の目的に合わせて自由に楽しみながら使える「アプリの余白」を大切にしています。使い方次第で、さまざまな場面で、いろいろな目的に使うことができます。人生と同じ、決めつけてはいけない。どんな展開があるかワクワクする。指伝話もそうありたいと思っています。
指伝話は障害者や病気の方の専用製品ではありません。たまたま障害のある人も使っています。これは「たまたま障害のある人」なのか「たまたま使っている」のかどちらでしょうか。私はそのどちらでもあると考えています。今日は元気でも明日病気になるかもしれない、今夜交通事故で障害を負うかもしれない。誰も違いはないのです。そして、障害は不便なことではあるかもしれないけれど決して不幸ではない。ICTの力で不便さが解消されるなら素晴らしいことだと考えています。誰もが今ある自分の姿を普通の状態として、普通に格好良く生きられるのが理想です。
コミュニケーションが始まれば笑顔が生まれます。これまで自分の思いを伝えられなかった人が話をすることで、これまで相手の思いを汲み取れなかった人との意思の疎通が図れるかもしれません。話しをすれば相手のことを理解したくなります。心を開き相手を知れば差別や偏見がなくなります。
「人と人とを笑顔で結ぶ」こと、それが、指伝話の役割 と考えています。

オフィス結について

「人と人とを笑顔で結ぶ」ことを願って、中小規模のビジネスをサポートする事業をスタートしたのが1997年のことでした。それ以降、さまざまなご縁に恵まれ、多くの方とのビジネス交流を通して今日まで事業を継続して参りました。
2011年、これまでお客様の事業のお手伝いをすることが中心だった事業形態に加え、自社ブランドの製品を世に送り出すことを決断し、第二創業期として「指伝話」事業をスタートしました。世の中に貢献するサービスの提供が目的です。
事業規模の大小に関わらずお客様のご要望を満たすサービスを提供し喜んでいただきお金を受け取ることがビジネスの基本であり、その基本に立ち返って自社サービスを提供することが大切と考えました。マイクロカンパニーが貢献と口にすることはおこがましいことかもしれません。 いま世の中に必要なことは、働く場所と働くことです。働くことは生きる原動力です。弊社は働く人のサポートだけでなく、小企業の代表として働き方の手本となる存在になっていきたいと思います。自分たちの事業が小規模事業者の働く場所と機会を創出し、笑顔で働く人を増やすきっかけとなるようにしていきます。
すべての基本は笑顔。お金があっても笑顔が無ければ継続した成果も発展もありません。人と人とを笑顔で結ぶ。このポリシーを愚直に掲げ守り抜き、事業を継続、発展させて参ります。
代表取締役 高橋宜盟

会社概要・会社沿革